月別アーカイブ: 2012年3月

書物の中のアリス

切り抜かれたおばあさん そのハサミは、見たところ、ぼくふつうのハサミと変わったところがありませんでした。そこで、アリスは、もしかしたら古道具屋のおじさんにだまされたのではないかと思いました。 なぜかといえば、おじさんはお釣銭をくれなかったからです。アリスは、ハサミを買ったお釣で猫のけむりに、ビスケットを買って帰るつもりでした。 そこで、「お釣は?」ときくと、古道具屋のおじさんは首をふって「ない」と答えるのです。 アリスは、びっくりして、 「こんな錆びた中古のハサミがそんなに高いの?」 とききました。するとおじさんは言いました。 「これは、ただのハサミじゃないからね」 それからアリスの手にもっていたハサミをちょっと手に持って、 「ちょっと見てごらん」 と言いながら、砂男のように目玉をギョロつかせ、かたわらの絵本をとりあげました。それは七ヶ月も売れ残っている鳥の絵本で、表紙には印刷のずれた一羽のずれたモズのペン画がのっていました。おじさんは、その表紙のモズをじっと見ていましたが、おもむろに、ハサミで切り抜きはじめました。すると、切り抜かれてゆく途中からペン画のモズはバタバタと羽ばたきはじめ、切り抜き終わったところで一声高く、チチチチッと叫んだかと思うと、古道具屋の店先から、青空めがけて、飛んでいってしまったのです。 「どうだね?」 と得意そうに、古道具屋のおじさんは言いました。 「ものハサミに切り抜かれたものは、みんな生き返るようになっているのさ」 それで、アリスはこのハサミを買うことに決めました。 「けむりや、とてもおもしろいハサミを買って来たのよ」 と、アリスは言いました。 「さあ、見ててごらん。おまえのお友だちを作ってあげますよ」 アリスはアパートの寝台に腰かけて、猫のけむりにそう話しかけました。それは猫のけむりが、上手に腕を組めるようになったことへのほうびのつもりだったのです。猫のけむりは、アリスの買ってきたハサミを、こわがって、一度は寝台の下に逃げこみましたが、それが自分のひげを切るためのものではないとわかると、安心して近よって来ました。 アリスは、「猫の絵本」をひらいて、上機嫌で、そこにのっている猫の絵を切りはじめました。一匹、二匹、三匹。たちまち、部屋は猫でいっぱいになってしまいました。切り抜かれた猫たちは、けむりとそっくりの声で、ミャーオ、ミャーオとなくのでした。 「さあ、けむり。これでおまえはもう、ひとりぼっちじゃなくなったわね」 と、アリスは言いました。 「これからは、月夜にヒステリーを起こして、ヴァイオリンの上を飛んだりはねたりしないでちょうだいね」 切り抜かれた猫たちは、けむりのミルク皿に集まって、ごくごくとミルクを飲みはじめました。 でも、かなしいことに、表は、ほんものの猫そっくりなのに、裏には英語の文字が印刷されているのです(たぶん、裏のページは著者の解説かなにかだったのでしょう)。 そのあくる晩、アリスは、こんどは絵本の最後のページにのっている、孤独なおばあさんを切り抜くことにしました。猫の煙に、たくさんの友だちができたため、アリスの相手をしてくれなくなったのが原因です。アリスは、おばあさんを切り抜いて、その友だちになろうと思いつきました。見たところ、そのお婆さんは、茎やかましくもなさそうだし、ホウキにもまたがっていなかったので、安心だったのです。 アリスは、ハサミを成就に使って、お婆さんを切り抜きはじめましたが、ペン画のお婆さんは、なかなかデリケートに描かれていたため、ハサミで輪郭を切ってゆくのは、思ったよりむずかしいことでした。 そのうち猫のミルクの鍋が煮立って、ぐずぐず音を立てはじめたので、アリスはそっちのほうへ気をとられてしまい、手もとがすべってお婆さんの鼻を切り落としてしまいました。 「あら、まあ、ごめんなさい!」 びっくりしたアリスは、切りそこなった鼻を、ノリでくっつけようとしたり、セロテープでつなぎあわせようとしたりしてみましたが、うまくいきません、とうとう、鼻のないお婆さんを切り抜いてしまったのです。 切り落とされた鼻のほうはどうなったか、と言うのですか? それは、アリスの手の上で、かなしそうにひくひくと匂いを嗅ぎまわっていましたが、どこかへ行ってしまいました。顔のない鼻の怪奇な放浪の話は、またべつの機会に書くことにしましょうね。さて、切り抜かれたお婆さんは言いました。 「アリスや、おまえは絵ばかり切り抜こうとするから、そんな失敗をするのだよ。文字を切り抜きなさい、文字を。絵は、目に見えるものだけしか生き返らせることはできないけれど、文字はどんなものが飛び出してくるか、楽しみがいっぱいあるからね」 言われてみると、その通りでした。試みにアリスは、かたわらの童話集を手にとって、 もしも願いごとがお馬だったら 浮浪者はそれに乗るだろう もしもかぶが時計だったら ぼくはそれを腰にさげるだろう という一篇の唄の最初の二行にハサミを入れてみました。すると、本のあいだから馬にまたがった一人の浮浪者が出てきて、「ありがとう、ありがとう」とアリスに手をふりながら、遠ざかって行くのでした。 そこで、アリスは三行目は慎重に(そして、ほんの少し意地悪に)かぶという二文字だけ切り抜いてみました。すると、小さな本のあいだから、本より大きくて真赤なかぶが、ころがり出てきました。そこで、アリスは、こんどは、時計という二文字を切り抜いてみました。すると、やっぱり音字ことが怒ったのです。本のページとページのあいだで、チック、タック、本全体をゆるがすような鼓動がはじまり、ピカピカの懐中時計がすべり落ちて来たのです。 「まあ、死んだおじいちゃんのよりも立派だわ」 とアリスは言いました。でも切り抜かれたお婆さんは、あんまりいい顔をしませんでした。 … 続きを読む

カテゴリー: 6.童話 | コメントをどうぞ

管理人の気まぐれ談話(6)吉本隆明『言葉の幹と根は沈黙』

16日に飛び込んできた2つのニュース。その一つ。「被災地のがれきを受け入れる」と静岡・島田市、千葉・市川市、鳥取・米子市が方針を発表しました。被災地から遠く離れた自治体でも受け入れを求める声が相次ぐのではと期待されています。 もうひとつは戦後思想界をリードしてきた吉本隆明さんの訃報。彼のことばのひとつに、『言葉の幹と根は沈黙』というのがあります。吉本さんはコトバを二つに分類しました。たとえば、「私はがれきを受け入れるのに賛成です」と自分の思いを口に出して言語化したとします。これを「指示表出」としました。これに対し心の中で「がれきを受け入れてあげたい」と、人に言わないでも発しているコトバを「自己表出」としました。この後者のコトバにしない自己表出、つまり「沈黙」こそがコトバの根幹だといっています。 10年分以上といわれている被災地のがれき。「なんとかしてあげたい」と心の中の叫んでいる人は多いでしょう。今回の島田市、市川市、米子市の3つの自治体の決断をきっかけに、さらに多くの行政が「沈黙」を破って欲しいものです。 ・・・たとえ世界の終わりが明日だとしても、種をまくことができるか? 『愛さないの、愛せないの』寺山修司

カテゴリー: 8.管理人気まぐれ談話 | コメントをどうぞ

3.11.に捧ぐ「幸福が遠すぎたら」/寺山修司

さよならだけが 人生ならば また来る春は 何だろう はるかなはるかな 地の果てに 咲いている 野の百合 何だろう さよならだけが 人生ならば めぐり会う日は 何だろう やさしいやさしい 夕焼と ふたりの愛は 何だろう さよならだけが 人生ならば 建てた我が家 なんだろう さみしいさみしい 平原に ともす灯りは 何だろう さよならだけが 人生ならば 人生なんか いりません

カテゴリー: 2.詩・短歌・俳句 | コメントをどうぞ

管理人の気まぐれ談話(5)谷川俊太郎×2=思い出

ただしき教えまっすぐに こころにまいた種子の名は その名も 古間木(ふるまき)小学校 (青森・三沢市立古間木小学校校歌/作詞・寺山修司) 3月と4月、卒業式、入学式で賑やかなになる季節です。全国の学校で校歌が高らかに歌われます。もしも自分の通った学校の校歌が有名な作家の作品だったら一生の思い出ですね。 ところが校歌をめぐる悲劇もあります。高校時代の同級生の自慢のひとつが小学校の校歌でした。田無(たなし)市立西原小学校校歌(現・西東京市)。作詞は谷川俊太郎。うらやましかったですね。 教室は宇宙船 どこへだってゆける けやきのこずえに つづくあおぞら 大きなゆめをもとう 西原のぼくとわたし さらに、隣接する西原第二小学校も谷川俊太郎の作詞。作曲は今年1月5日に亡くなった店主の大好きな作曲家・林光だったというから驚き。 けやきの はかげの ふるいみち みちはむかしへ つづいてる わらいながら おこりながら いろんなひとの ふんだみち ひとあし ひとあし あるいてゆこう 実は、この2校とも、11年前に取り壊されました。東京都内も児童数の減少が続いています。2校は統合され「けやき小学校」と改名。新校舎と新校歌の誕生で、谷川俊太郎作詞の2つの校歌がこの世から消えてしまったそうです。 教室は小さな国 なんだってできる ひとりとひとりが 力合わせて 正しい世界めざす 西原のぼくとわたし 最後の卒業生はもう22歳なんですね。大人になった「ぼくとわたし」の目に 今のこの「小さな国」は、どう映っているのでしょうか。 私には忘れてしまったものが一杯ある。 だが、私はそれらを「捨てて来た」のでは決してない。 忘れることもまた、愛することだという気がするのである。 ・・・・・・寺山修司「ポケットに名言を」(から抜粋)

カテゴリー: 8.管理人気まぐれ談話 | コメントをどうぞ

更新情報(2012/03/08)

生前の書籍の中にある、 「戦後詩」(紀伊国屋書店) 「青春の名言」(大和書房) をそれぞれ追加しました。

カテゴリー: 0.更新情報 | コメントをどうぞ