カテゴリー別アーカイブ: 4.演劇

青森県のせむし男

天井桟敷第1回公演 1969年4月18日~20日 草月会館ホール 入場料500円 午後7時開演 作・寺山修司 演出・東由多加 美術・横尾忠則 音楽・山岸磨夫 照明・沢田祐二 制作・高木史子 舞台監督・高橋敏明 動物演出・高橋英雄 キャスト 大正マツ(老いたる花嫁):丸山明宏 女浪曲師(女学生である):桃中軒花月 松葉杖(赤い花のあんま):長崎稔明 松葉杖(白い花のあんま):工藤 勉 大正松吉(母恋のせむし男):増岡 弘 口上(侏儒である):竹永敬一 美少女(毒薬の調合をする):斉藤秀子 家令(法医学研究をする):大石 柾 美少年(入浴場面付):萩原朔美 ヴィーナス(裸である):大沼八重子 老婆1(目婆である):森下滋子 老婆2(耳婆である):伊藤知子 老婆3(口婆である):今井 優 戯曲「浪花節による一幕」 地獄から風が吹きこむようにふいに一陣の三味線の音がながれこんでくる。 一人の侏儒現れて一例して告げる。 侏儒 ただ今より 天井桟敷第一回公演 浪花節による一幕 青森県のせむし男 のはじまりでございます 侏儒ひっこむと暗闇で嗚咽していたような声がしだいに高まってきて 桃中軒雲右衛門の節まわしになる 女浪曲師 これはこの世のことならず 死出の山路のすて野なるさいの河原のものがたり 十にも足りぬ幼な児がさいの河原に集まりて峰の嵐の音すれば 父かと思いよじのぼり谷のながれをきくときは 母かと思いはせ下り手足は血しほと染みながら ここでひとしきり暗い潮騒のように三味線がはげしくうねって 女浪曲師が赤い花のようなあかりに照らされだされると セーラー服を着ていることが分かってくる。その背後はまっくら闇だ。 女浪曲師 河原の石をとり集めてこれにて回向の塔をつむ 一つつんでは父のため二つつんでは母のため三つつんでは国のため 兄弟わが身と回向して昼はひとりで遊べども 日も入りあいその頃に地獄の鬼があらわれてつみたる塔をおしくずす … 続きを読む

カテゴリー: 4.演劇 | コメントをどうぞ