月別アーカイブ: 2013年4月

混声合唱曲「思い出すために」

管理人である小生は、大学時代から都内のアマチュアの合唱団に所属しています。 神戸の地に居を移しましたが、今でも初夏に開催する定期演奏会のため 東京へ飛んで帰って仲間といっしょに舞台にでています。 今年も6月30日(日)、小金井市民交流センター大ホール(JR武蔵小金井駅前)で 第39回定期演奏会を開催します。 小生にとって、忘れられない演奏会の1つに数えることになるでしょう。 なぜなら、プロブラムの1曲に、寺山修司の詩による作品があるからです。 合唱界の人気作曲家である信長貴富氏が書き上げたのが 寺山修司の詩による6つのうた「思い出すため」 一度でいいから歌ってみたかった作品です。 没後30年の節目の年に、この作品に取り組めるのは幸せなことです。 都内近郊にお住まいの方でご来場いただける方には 招待状をお送りいたします。 管理人までご連絡ください。  

カテゴリー: 7.資料 | コメントをどうぞ

推薦「寺山修司の迷宮世界」

4月1日、洋泉社MOOK 「寺山修司の迷宮世界」が発売されました。 店主も三宮ジュンク堂で入手しました。 とても、わかりやすい特集といえます。 背表紙のキャッチフレーズは 「時代を挑発した異端者の全貌」 お薦めの特集です。1,680円

カテゴリー: 1.書籍, 7.資料 | コメントをどうぞ

「寺山修司トリビュート展」のお知らせです。

5月4日は寺山修司の命日。今年で没後30年の節目となります。 昨年、神戸・灘区の居酒屋よしみ亭店内で「寺山修司トリビュート展」を開催しました。 今年も4月30日(火)~5月5日(日)までの5日間、開催することにしました。 彼の生前に発行された書籍や没後に出版された書籍200冊 寺山修司率いる劇団天井桟敷の宣伝ポスター13点 映画草迷宮の宣伝ポスター2点 劇団天井桟敷、人力飛行機舎が発行した新聞 彼の書いた原稿(複写) 平日は13時から16時まで自由に閲覧していただけます。 書籍は直接手にとって読んでいただくこともできます。 5月4日(土)は「寺山修司の軌跡/ことばの重力」と題し、 管理人による寺山修司に関するレクチャーを行います。 13時~15時 参加費500円(ドリンク付) 限定12名 参加希望の方は、よ しみ亭(神戸・灘区)まで ご連絡ください。078/801/4431

カテゴリー: 0.更新情報 | コメントをどうぞ